第10回「海と船のおはなし会」は「赤い灯台」!

Ohanashikai_2(10)_2015053月に再開第1弾をお届けした絵本の読み聞かせ「海と船のおはなし会」
@「船の科学館」別館を、5月ゴールデンウィークに開催いたします!

今回の絵本は、「赤い灯台」 大西伝一郎:作、赤坂三好:絵
(1997年発行 文溪堂)
明治時代、瀬戸内海の難所のひとつ、来島海峡コノ瀬岩礁に
海難事故をふせぐために建てられた「赤灯台」の物語です。

はげしい潮の流れのなかで、ひとつひとつ積み上げられる石。
嵐をついて櫓をこぎ、仕事場にむかう灯台守。
手に汗にぎるシーンがいっぱいです!

今回はミニ・ギャラリートークの中で、船の科学館が所蔵する
「さわれる船の模型」体験会もおこないます。おはなしの舞台と
なった明治時代に活躍していた和船(弁才船、打瀬船など)の
模型にさわってみませんか?

ゴールデンウィークはぜひ「船の科学館」別館展示場で
「海と船のおはなし会」にご参加ください。

■日時:2015(平成27)年5月3日(日)午後2時半より(30分程度)
■会場:「船の科学館」別館展示場内

おはなし隊:船の科学館ボランティア Salty Friends(ソルティ・フレンズ)
ミニ・ギャラリートーク:船の科学館学芸課

Comments are closed.