ペルー海軍に新しい練習帆船「B.A.P. Union」(ウニオン)誕生!

ほとんどの海軍が練習帆船を持っている南米で、この1月に新しい
トールシップが誕生しました!
船名は「Union」(ウニオン)、南太平洋戦争(1879~1883、
別名硝石戦争)で活躍したペルー海軍のコルベット艦に由来して
います。

全長115.75m、3,200t、練習帆船としては、現時点で南米最大クラス
の船ということになります。フィギュアヘッド(船首像)は、
インカの航海者トゥパク・ユパンキ。リグは4本マストのバーク型
(最後尾のマストは縦帆のみ)ですが、ここで特筆すべきは
ペルーで建造された艦だという点。スペインやメキシコ、韓国の
技術援助を受け、カヤオにある工廠SIMAで4年がかり(起工式は
2012年)で建造されました。

今まで小型の練習帆船しか持たず、外国の船に招聘士官として乗船し、
セイルトレーニングをしていたペルー海軍にとって、まさに画期的
な出来事、悲願達成と言えるでしょう。
Bravooo!!! Enhorabuena!!!(おめでとうございます!)

「ウニオン」は、今年2016年4月に母港カヤオを出航、南米、米国
を中心に処女航海を行う予定です。近い将来、日本にも寄港して
くれる日が来るかもしれませんね!その日を今から楽しみに待つ
ことにいたしましょう。

Union 3
写真提供:Sr. Shigueru Yoshioka Chacon, Muchas gracias!!

B.A.P.「Union」(ウニオン)要目
進水:2014年12月
竣工:2016年1月
建造:SIMA PERU(Callao)
全長:115.75m
排水トン:3,200t
帆装:4檣バーク型
定員:257名

Comments are closed.