3月「海と船のおはなし会」

そろそろ春の足音・・・?今年初めての「海と船のおはなし会」
開催です!
今回読む絵本は、お馴染みのチムシリーズの一冊、
エドワード・アーディゾーニ作「チムのいぬタウザー」です。
今回ももちろん、楽しい効果音付きですよ~♪

Ohanashikai_12(20)_20170319_v0222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(あらすじ)

ある嵐の日、チムとジンジャーは乗っていた蒸気船「ロイヤル・
フュージリア号」のボートの中で、一匹の子犬を見つけます。
二人は子犬にタウザ―という名前をつけ、次の港まで自分たちの
船室で飼うことにするのですが・・・犬ギライの船長にみつかって
しまい、さぁ、大変!!タウザーの運命は!?

読み聞かせのあとのミニ・ギャラリートークは、船や歴史の豆知識
タイム。今回のテーマは「船と動物」。
冷蔵庫もなく、食べるために動物を乗せていた時代。
ネコやイヌと船の関係、動物の名前がついた帆船のパーツetc.を、
学芸員が分かりやすく解説します。

春休みの一日、ぜひご家族やお友達といっしょに、「船の科学館」
別館展示場で「海と船のおはなし会」にご参加ください。

2016年度第6弾「海と船のおはなし会」

日時:2017年3月19日(日) 午後2時半~(40分程度)
会場:船の科学館 別館展示場
<A HREF=”http://www.funenokagakukan.or.jp/2017/5938/”>「船の科学館」HP</A>で詳細をチェック☆彡

Comments are closed.