「クァウテモック」ハワイに向けて出航!&一般公開 レポート

たくさんの見学者の皆様に、メキシコ海軍とメキシコ文化の
一部を垣間見せてくれた「ク号」一般公開。入港の時とは
打って変わった秋空の下、見事な登檣礼で次の寄港地
ハワイに向け、予定通り9月11日午前10時、晴海埠頭から
出航していきました。

ハワイに寄ったあとは、同じくアメリカ本土(3箇所)を
経由し、母港アカプルコのゲレロ港に11月21日帰港予定です。
~どうか良い風に恵まれますように!!~

Cuauhtemoc 出航 2017.9.11.JPG Buen Biaje! B.E. Cuauhtemoc.JPG
(左)巨大な国旗を翻しながら、レインボーブリッジに
向かう「ク号」
(右)入港時は「ようこそ!」、出航時は「よい航海を!」
の横断幕を掲揚しました。

 

入港前にお知らせしましたように、今回もSalty Friends
ボランティアチームでは、昨年の「エスメラルダ」来航時
同様、色々と一般公開をお手伝いさせて頂きました。
メンバーが胸からさげていたメキシコカラー(赤・白・緑)
タグを見てお声をかけて下さった皆様、有難うございました!

以下、簡単に活動のレポートです↓

前半、雨に祟られた一般公開でしたが、後半はこの季節らしい
お天気に恵まれ、たくさんの見学者が船を訪れました。
防衛省海上幕僚監部によりますと、水曜日午後から土曜日
午後までの見学者数は、トータル5,015名とのこと!

Salty Friendsボランティアチームでは、メキシコ大使館と
本船艦長の許可をいただき、今回も一般公開でガイドボラン
ティア活動を行いました。
「何人くらいの人が乗っているの?」
「女性の乗組員はいるの?」
「帆はいつ張るの?」
「東京を出たあとは、どこへ向かうの?」
「『クァウテモック』(*1)『B.E』(*2)ってどういう
意味?」などなどの質問が多く寄せられました。

SFボラチーム ガイド中.jpg
今回もテレビや新聞に来日の記事が出ましたが、
「ソルティのサイトを見て来ました」というお客様も大勢
いらっしゃいました。

 

その他お手伝いした場所は、桟橋と船とをつなぐギャング
ウェイ(可動式連絡橋)。
ご存知のように帆船のそれはとても狭く、途中ですれ違う
のは少々危険を伴います。もちろん入り口に乗組員は立っ
ていますが、如何せん英語ができる人が少なく(ましてや
日本語も×)スムーズな乗り降りのためには、ここを交通
整理する人が必要です。

さらに船のグッズを販売する売店。ここでもサイズや色の
確認、在庫の有無、円の計算などでお手伝いがいた方が、
ベター(最初の頃は、売店に長蛇の列ができてしまい
待ち時間20分;;)。
お客様も、日本人がいた方が気軽に声をかけやすかった
せいか、かなりの売れ行きで、今年版のポロシャツは、
早々に完売!
帽子も素敵な銀製の「ク号」ペンダントヘッドもピアスも
マグカップも手帳もファイルもお皿も名刺入れも完売!
日曜日には、ほとんど「こんだけ?」な状態に・・・。

最終日にいらした方、残念!&御免なさい!でもお手伝い
していた私たちも、売りまくり過ぎて欲しいものが買えな
かったりしたので(笑)お許しを m(_ _)m

Gangway.JPG塩友商会@クァウテモック?.JPG  Cuauhtemoc トイレ看板.JPG
(上)以前、アメリカ映画でジョギング中の女性が
「Gangway!」(『どいて!道を空けて!』)と叫びながら
走るシーンがありました。これは船用語が語源になって
いるんですね!
(左下)まるで海王祭での「塩友商会」のようだ(笑)。
「キミ達に任せたよ」モードな乗組員。
(右下)「ク号」のトイレでは、使用後の紙を流せません。
細かいことですが、「エスメラルダ」来航時にも作った
「トイレ看板」を受付・荷物検査場所と、舷門に設置。
ちゃんと艦のスタンプも押してもらいました。

 

今回も入港の歓迎横断幕から、出航時の「良い航海を!」
の横断幕まで、毎日朝から晩までびっちりお付き合いし
ましたが、我々の情熱はちゃんと天(艦長)に届いてい
ました。
出航直前に艦長から、なんと艦のプラーク(船同士or港と
交換する記念の盾)を拝受!身に余る光栄です***

400年以上にわたるメキシコと日本の交流の絆を、また
近い将来「増し締め」するお手伝いができたら嬉しいな♪
!Hasta la vista, B.E. Cuauhtemoc!!
(また会う日まで!クァウテモック!)

Comments are closed.