弁才船の航路を辿るヨット、5月13日(日)ユニバーサルシティポートを出帆!!(大阪)

江戸時代から明治時代に日本の物流を担った「弁才(べざい)船」の航路をヨットでたどる航海が現在行われています。

「あきない夢まち港~弁才船の航跡」と題して「港まちづくり協議会大阪」(大阪市)が明治百五十年を記念して企画しました。

今回使用されているヨット「サザンクロス号」は、5月13日に大阪市の安治川河口にある「ユニバーサルシティポート乗場」を出港。

9月まで約3か月半をかけて、弁才船が走った本州沿岸の航路と北海道沿岸の約6000キロの旅をします。

 

Comments are closed.