GWは「海と船のおはなし会」♪

今回のおはなし会は、船を案内する不思議なイルカの絵本を
読み聞かせします!

「いるかのジャック」

白木茂著 美乃育絵 金の星社(1974年発行)
20190505いるかのジャック_web用 (002).jpg

19世紀のおわりごろ、ニュージーランドの狭い海に、一匹のイルカが
現れました。イルカは危険な場所を通る船に近寄り、まるで案内する
かのように一緒に泳ぐようになります。人々はイルカに「ジャック」
と名前をつけ、可愛がるのですが、そんなジャックを狙う悪いヤツも
いたのでした。・・・ジャック、危うし!

世界ではじめて法律で守られた、本当にいたイルカのお話しです。

「海と船のおはなし会」では、おはなしに登場する”音”を体験したり、
関連する展示物を、当日に限り特別に公開します。今回はイルカに
なった気分でお話できる「イルカトーク」や水先案内人が使う
パイロットボートの模型や、航海器具などを展示予定。

続くミニ・ギャラリートークでは、フネカン学芸員が、広い海を
安全に移動するにはどのような工夫があるのか、クイズを交えながら
人間とイルカを例に解説します。

GW後半は、お天気も良さそう♪ぜひご家族やお友達とご参加下さい!

開催日時:2019年5月5日(日)午後2時~(40分程度)

会場:船の科学館別館展示場

参加費:無料

おはなし隊:帆船愛好会Salty Friends ボランティアチーム

Comments are closed.