淡路島 津名港での帆船イベント、大成功!!(兵庫県淡路市)

「つな港帆船イベント実行委員会」が、津名港周辺の活性化を図り、子どもたちに帆船やヨットの魅力を知ってもらうためのイベント「つなでつなぐ なつ2019~帆船・人・港~」が2019年7月21日(日)淡路市志筑の津名港で開催されました。21日午前に行われた入港歓迎式典では淡路市の門 康彦市長があいさつし、津名港の発展を祈念しました。
静岡県沼津市からやってきた帆船「Ami号」と、大阪からやってきたヨット「サザンクロス号」の2隻が、淡路市内の小学校などから一般公募で選ばれた小学生や、その保護者ら計118名に体験乗船をしていただき、美しい津名の海を身近に感じてもらいました。
Ami号は、全長16.4メートルで2本のマストがあります。昨年8~9月、韓国とロシア間を航海する国際帆船レースに出場し、部門2位になりました。
 サザンクロス号は全長12メートル。2018年に北前船「弁才船(べざいせん)」の航跡をたどる「明治150年記念プロジェクト」に参加し、完走した船です。
運営は大阪のボランティア団体「大阪帆船と国際交流の会(Saii’O’)」も協力。夏のはじめの、素晴らしいイベントになりました。
動画はこちら→
https://youtu.be/oCdBhzRHR0Y

Comments are closed.