最近のフネ本

untitled

◆海の覇者トマス・キッド[9]「ノルマンディ沖の陰謀」◆

前作の「謎の私掠船を追え!」から、約2年。待ちに待った
「キッド」の9巻がついに刊行されました。
「アミアンの和約」後、1年余りで再び戦争状態に陥る
フランスとイギリス。イギリス海軍のブリッグ型スループ艦
<ティーザー号>の海尉艦長キッドは、前作で最愛の女性を亡くし
まさに失意のどん底から、再び人生をリセットする必要に迫られます。

本巻で舞台となっているのは、フランス北西部ノルマンディ地方の
チャンネル諸島ですが、本国イギリスよりもフランスに近い
土地柄の独特なアイデンティティが、物語に「旨味」を
加えています。そして親友レンジとの男の友情は、欠かせない
スパイス。

ますます深く、面白くなる「海の覇者トマス・キッド」の
シリーズ第9巻、ぜひご一読下さい!

海の覇者トマス・キッド[9]
「ノルマンディ沖の陰謀」
著者:ジュリアン・ストックウィン
訳者:大森洋子
発行:早川書房
定価:本体1,040円(税別)

◆ 「海のプロフェッショナル 2  - 楽しい海の世界への扉」
窪川かおる編/海洋女性チーム著  東海大学出版会発行
1500円(税抜) ◆

2013年に刊行されたこの本は、広く海洋にかかわる仕事を生業とする
女性25名が、それぞれの専門分野について熱―く語っている本。
海女さんもいらっしゃれば、水族館職員、潜水調査船の副操縦士、
海上保安庁の方も寄稿なさっています。

そして何と光栄なことに、当Salty FriendsのQたろーも今回
その末席に加えていただき、コラムを2本書かせて頂きました!
テーマはもちろん「帆船の魅力」、それに船の科学館、読書ルームにて
開催した海洋もの絵本の読み聞かせ「海と船のおはなし会」について
述べた「子どもたちにもっと海を!」です。

そもそも本人には海の“プロフェッショナル”足る資格も自覚も
てんでありませんが、お声をかけて頂いたこと自体が嬉しく、まさに
天にも昇る気持ちでお引き受けしました。

さらに昨年2013年12月には、東京都江東区の葛西臨海水族園、
翌1月には東京大学本郷キャンパスにて、女子中高校生を対象とした
出版記念セミナーも開催。各回とも、他の共著者9名の皆様と、関東を
中心に全国から集まった約80名の女の子たちに、仕事のこと・現在の夢
などについてお話しする機会もいただきました。

私にとって本当に貴重な経験になったことはもちろんですが、何より
聞きに来てくれた彼女たちが、この本とセミナーをきっかけに“船ガール”や
“海ガール”になってくれたらいいな、と思います。
専門性の高い本ゆえ、大きな本屋さんに行かないと置いてないかとは
思いますが、見かけたらぜひお手に取ってみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%80%882%E3%80%89%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%84%E6%B5%B7%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%89%89-%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0/dp/4486019687/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1401013070&sr=8-2&keywords=%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

■帆船「あこがれ」の記録
舵社
1210円

帆船「あこがれ」の記録集が発売されています。
ボランティアメンバーの寄稿など、懐かしい気持ちで読み返しました。
マザーシップ「あこがれ」のすべてが濃縮された一冊となっています。

http://www.amazon.co.jp/%E5%B8%86%E8%88%B9%E3%80%8C%E3%81%82%E3%81%93%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2%E2%80%951992%E2%80%902013/dp/4807213350

 

コメントを残す